思ったように体重が減らない

悲しいかな、歳を取るにつれて体を動かしていく機会も減ってくると、基礎代謝が低下していってる実感があります。

そのため、ラクスラのダイエットサプリで懸命にダイエットをしていても、思ってたようには体重が減りません。

やっぱり、体質改善を先にしないと、ラクスラは効果なしになってしまいます。

そのため、まず体を温かくするために、生姜湯からおこないたいと思っています。

生姜湯は寒いときにはもってこいの飲み物ですし、これがあれば代謝アップにミスなしだといえるでしょう。

実際、もっとスリムになろうと思っても、たびたびジョギングしたりウォーキングしたりするのは、ちょっとやりたくない気もちがおこりますよね。

そんな時に手軽にできるのが、インドアでもやれる有酸素運動です。

ラジオ体操と言っても、意外と効果のある有酸素運動なので、楽な服装で大きく体を動かしながら体操をやってみると、効果的にカロリーが消費されます。

その昔、私がダイエットをやった時、自宅で手軽にできるダイエット法として、腕たてや腹筋、スクワットなどをやりながら筋肉を増やすことを続けました。

そうやって、からだの中の代謝が上がりやすい状態にした上で、少し早めのウォーキングを30分以上つづけていました。

これを毎日つづけた結果、たった2か月間で4キロ以上の体重を落とすことに成功しましたが、やりつづけることはとても大変でした。

痩せる事が出来るご飯と言われ立ときのイメージは、脂肪分や糖分が比較的少ないものがまず浮かびやすいと思うんです。

ですが、私の個人的な経験を言えば、塩分控えめのご飯がとても効果があったように思っています。

特に、下半身太りが気になるという人は、まずは減塩から初めることをアドバイスさせていただきます。

ダイエットを成功させるためには、息が上がる程度のしっかりとした有酸素運動です。

その有酸素運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋トレで使用するのは速筋という筋肉を鍛えます。

なお、速筋とくらべて遅筋は成長しにくいため、見た感じがマッチョになりにくいです。

この遅筋と速筋を同時に鍛えることで、魅力あふれるスタイルに近づけます。

 

 

飽きることが全然ない

基礎代謝の一般的な平均値は、20歳過ぎからだんだんと落ちていってしまいます。

これが示すことは、成長期の終わりと伴に代謝量の安定が訪れ、運動量が減ったことにより、筋肉量も同じように徐々に低下していくということです。

そのため、中年と呼ばれる年代に差し掛かると、急に太りやすい体になっていくのは、こういう理由があったのです。

私も痩せたいとは思っているのですが、ご飯を食べるのを制限したくないし、運動する時間的な余裕もありません。

そんな感じで私が困っていた時に、たまたまスマホで検索中に、いい物との出会いがあったのです。

それが、痩せ菌を増やしてくれるラクビサプリとの出会いでした。

ラクビサプリの口コミでは、ご飯量を減らすダイエットは肌や髪にも悪影響を及ぼす可能性があるそうです。

なので、必要なカロリーだけは取りながら、そのラクビサプリを飲むことで、リバウンドすることなくキレイに痩せられました。

そんな私がダイエットしている時に無性に甘い物が欲しくなった場合、代わりに食べる物と言えば、ずっと前から寒天と決めています。

なぜなら、寒天はカロリーがゼロだし、自分好みの味付けにできるので、飽きることが全然ないからです。

私は、缶詰みかんが入った牛乳寒天と味なしの四角く切った寒天に、きなこをふんだんにまぶして食べるのがおきに入りです。

ちなみに、脂肪を燃焼したり吸収を抑制するはたらきがあるサプリも実に多くの種類がありますが、出来るなら自然なかたちで、基礎代謝を上げていきたいですよね。

そんな場合は、本格的な複式呼吸をおぼえれば、基礎代謝量をアップできるといわれています。

ストレッチをやったり、ゆっくり半身浴をしたりするなど、基礎代謝を上げるのはとっても大がかりなものです。

ですが、とりあえず呼吸法をマスターしたら、いつでも手軽に基礎代謝を上げることができますよ。